HOME > 公開セミナー > 2012年11月9日開催 ~事例に学ぶ商品づくりから売り方まで~ 女性視点マーケティング成功の秘訣 > 第二部 事例に学ぶ女性プロジェクト成功のポイント1

公開セミナーレポート

2012年11月9日開催 ~事例に学ぶ商品づくりから売り方まで~ 女性視点マーケティング成功の秘訣

第二部
事例に学ぶ女性プロジェクト成功のポイント

女性市場に着目し、社内プロジェクトを立ち上げ、取り組む企業が増えている一方で、思うように結果が得られず、頓挫するプロジェクトも多くあります。成功と失敗を分ける要因は一体何なのでしょうか?
株式会社ヤマヒサの女性プロジェクトから、私たちは何を学べばいいのでしょうか?
数々の女性市場プロジェクトに関わった経験を持つ女ゴコロマーケティング研究所所長 木田理恵がそのポイントについてお話ししました。

女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田理恵

スーパーマルヨシセンターの事例

ヤマヒサ様は特殊事例ではないのか?他の会社で通用するの?と感じられる方もいらっしゃると思うので、スーパーマルヨシセンター様の事例をご紹介させていただきたいと思います。両者のお話を聞くと、実に多くの共通点があるのです。女性プロジェクトを推進していこうと腹をくくり、柔軟性のある発想で他部署を巻き込みながら、女性をステージに上げてマーケティングを遂行していくリーダーがいらっしゃる。

そして現場で生活者視点の意見を言える女性スタッフがいる。その方々がイキイキと活躍している。男性と女性の相乗効果で成功に導かれているのです。

また、ヤマヒサ様は、メーカーで"ものづくりのプロジェクト"、マルヨシセンター様はスーパーマーケットの事例という住み分けになります。マルヨシセンター様は商品を仕入れて販売する、"販売促進プロジェクト"なんですね。
ヤマヒサ様の女性社員は、ペットが大好きで一歩会社を出るとユーザーでした。そしてマルヨシセンター様のプロジェクトの中心メンバーも、現場のレジを打っているチーフの方々、一歩外に出たら、スーパーで買い物をして調理する主婦なんですね。

そしてこの方々が、自分たちが売っている商品だから、自分たちが使ってよかった、食べておいしかった、こんなふうにしたら便利だった、家族が喜んだ、という体験を、モノを解説するPOPではなく"コトPOP"にして売り場に展開していったのです。

実はこの"コトPOP"、プロジェクトになる前からチーフが個人的にやっていたことなのですが、今回全社を上げて商品を売っていこう、女性の声、女性の視点もっと入れていかなければならないとなった時に、現場でコツコツと活動をされていたレジチーフたちにスポットを当てて、彼女達がもっと活躍しやすいように、本部の女性が各店を回りながら事例を集めてサポートするという取り組みをされました。
もちろん、最初からうまくいくことはありませんでした。日々レジ打ちしながらPOPを作る時間を取るのはなかなか難しい。しかしそこをしっかりと、店長はじめ本部が支援する体勢作りをされました。これが男性管理職の役割だったのではと思います。

まとめて印刷する

ヒットを生む女性プロジェクトのつくり方・育て方

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪