HOME > 女ゴコロが学べるおすすめの本

女ゴコロが学べるおすすめの本

女ゴコロをつかむマーケティングを実践するためには、まず、女性の心理や購買行動を知ることが大切です。 女ゴコロマーケティング研究所 所長"木田理恵"が実際に読んで、皆さんにおすすめしたいと思った本をご紹介いたします。

彼女があのテレビを買ったワケ

木田理恵 / エスクナレッジ

女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田理恵著。

女性が「わぁ、これいい!」「欲しい!」「買いたい!」と心のスイッチが入るとき、その瞬間、その現場で、一体何が起こっているのか?

データではわからない、女ゴコロのつかみ方を豊富な事例を交えて解説した、日本一やさしい女ゴコロマーケティングの本です。

女性の購買動機を知り、ビジネスを成功させるために必読の一冊!

講演のご相談はこちら

彼女があのテレビを買ったワケ

共感する女脳、システム化する男脳

サイモン・バロン=コーエン / 三宅真砂子訳 / NHK出版社

女性は、他人の心を自分のことのように感じ、相手の気持ちを考える共感度が高く、男性は、もの事の因果関係(原因、作用、結果)を分析し、システムを構築しようとする傾向が高い。

女性マーケティングでは、お客様である女性の心にアプローチするための共感思考と、ビジネスとして成立させるためのシステム思考はともに重要。おすすめの本です。

共感する女脳、システム化する男脳

ウーマン・エコノミー 世界の消費は女性が支配する

マイケル・J・シルバースタイン / ケイト・セイヤー / 津坂美樹・森健太郎監訳 石原薫訳 / ダイヤモンド社

世界の消費の64%は女性が支配し、女性の消費は現在の2000兆円から、数年後には2800兆円に拡大するといいます。

経済への影響力、社会的地位を目覚しく向上してきた女性が、今尚、直面する課題に着目し、女性のニーズと新しいビジネスチャンスを提案する一冊。

「女性の欲求やニーズが満たされるほど、世界は、みんなにとってよりよいものになる」という本書の締めくくりがとても印象的。

ウーマン・エコノミー 世界の消費は女性が支配する

ライフコース・マーケティング

青木幸弘+女性のライフコース研究会 / 日本経済新聞社

結婚、出産、仕事と女性の人生には転機が多く、どのようなライフコースを選択し、現在どのようなライフステージにいるのかによって価値観は大きく異なります。

ますます多様化、複雑化していく女性の購買行動をライフコースのタイプごとにわかりやすく解説した、現代日本の女性を知るには必読の本です。

ライフコース・マーケティング

女性のこころをつかむマーケティング

ブリジット・ブレナン / 谷川漣訳 / 海と月社

現代マーケティングの第一人者コトラー推薦の書。

軽快な語り口で、男女の価値観の比較から、企業の女性マーケティング成功事例まで言及した非常にわかりやすい一冊!

具体的な事例や鋭い洞察、歯に衣着せぬ表現が気持ち良く、女性の価値観や考え方を理解するだけでなく、私たちはこれから何をすべきか道を照らしてくれます。

女性のこころをつかむマーケティング

女の直感が男社会を覆す(上・下)

ヘレン・E・フィッシャー / 吉田利子訳 / 草思社

人類学者が予測するこれからの社会。

それは、横のつながりを愛し、感情を自由に表現し、文脈で考える女性の特性が生かされる世の中。

人とのコミュニケーションや共感能力が求められる教育や医療、マスコミ、小売、サービスなど多くの分野で女性の能力がどのように活かされ、社会はどのように変化するのかを説く。未来は男も女も幸せな社会。

女の直感が男社会を覆す(上・下)

話を聞かない男、地図が読めない女

アラン・ピーズ+バーバラ・ピーズ / 藤井留美訳 / 主婦の友社

ここで語る必要もないくらい世界的なベストセラー。男脳、女脳の差について読み解いた元祖本です。

私もはじめて読んだとき衝撃でした。実際、女性部下と男性上司、妻と夫、そう考えれば腹も立たないし、上手くやっていけると救われた人も多いのではないでしょうか?

自分を知り、相手を知り、わかり合うことで幸せな関係をつくるガイドブック。

話を聞かない男、地図が読めない女

どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方

デボラ・タネン / 田丸美寿々+金子一雄訳 / ダイヤモンド社

職場における男と女の会話スタイルの違いにスポットを当てた一冊。

女性活躍推進や女性の能力を伸ばす管理職の育成などが叫ばれる今、男女の間には今尚、溝があります。

能力や組織のあり方以前に、ちょっとした会話の進め方の違い、表現や解釈の違いが阻害要因になっていることも多いはず。

仕事の効率、人間関係を何とかしたい男女におすすめの本。

どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方

彼女が買うわけ 会社が伸びるわけ

フェイス・ポップコーン / リース・マリーゴールド / 野中邦子訳 / 早川書房

トレンド予測に定評のあるアメリカのマーケティングコンサルタントが書いた、女性マーケットのための未来予測。

アメリカと日本では、必ずしもすべてが当てはまるわけではありませんが、綿密な女性分析と具体的な企業事例からなる女性を魅きつけるマーケティングの法則は示唆に富み、大変参考になります。

彼女が買うわけ 会社が伸びるわけ

女性に選ばれるマーケティングの法則

リサ・ジョンソン+アンドレア・ラーニド / ダイヤモンド社

サブタイトルに「Don't Think Pink」とある。現代の消費活動の80%を女性が担っているというのに、世の中の女性向け商品の多くは、男性向けの商品をピンクや花柄のパッケージに変えるだけ...。

女性市場で成功するために「ピンクの発想」から脱却し、まずは真の女性を知り、購買意欲をかき立てるマーケティングアプローチの必要性を説く。

女性のこころをつかむマーケティング

女の脳・男の脳

田中富久子 / NHKブックス

脳科学を専門とする医学博士が、男女の脳の違いと、そこから起こる行動、感情、好みの違いを具体的にかつ科学的に提示した一冊です。

専門用語や図、実験結果などが並び、ちょっと難しい印象を受けますが、男女の違いを客観的に、科学的根拠に基づいて知りたい!という方にはおすすめです。

女の脳、男の脳

男の子の脳、女の子の脳

レナード・サックス / 谷川漣訳 / 草思社

男の子と女の子では、生まれたときから脳や興味関心、感情処理の仕方に性差がある。

ならば、学習意欲をかきたてる教育の仕方、能力の伸ばし方も違うはずという観点に基づいて書かれた本。

男女別学には賛否両論がありますが、お子さんのいる方には、男女の性差が非常に理解しやすく、職場での人材育成にも役立つ一冊です。

男の子の脳、女の子の脳

ヒットを生む女性プロジェクトのつくり方・育て方

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪