HOME > スペシャル対談 > Vol.1 株式会社ニック様 プロジェクトの裏側

スペシャル対談

スペシャル対談 プロジェクトの裏側 その時何を感じ何を考えていたのか?社長がホンネで語る

2013年2月より、女ゴコロマーケティング研究所が「女性をファンにするブランド構築」をサポートしている株式会社ニック。
平成9年をピークに毎年減少するクリーニング店の数。家庭消費支出額にみるクリーニング代もピーク時の半額以下に。業界の市場規模が縮小し価格競争に同業他社が疲弊していくなか、安易な値下げではない「顧客にとっての価値」を見つめ直す独自のブランド構築で新たな市場開拓に挑戦している。
プロジェクトが推進されるなか、社長は何を感じ何を考えていたのか? 
株式会社ニック西川社長がホンネで語ってくださいました。

一度の研修で成果を実感し
女性視点の風土への改革を依頼

西川-

団塊世代のリタイア、スーパークールビズの浸透など、クリーニング業におけるメンズ品の衰退は早い段階から分かっていました。私は27 年にわたり世界のクリーニング企業を視察し続けていますが、成功している上質なクリーニング店にはいくつかの特徴があり、その一つが「売上の3分の2をレディース商品が占めている」ということです。それに対し、弊社のレディース商品の割合は28%。リーマンショックの前後でも変わらず、です。

日本の社会の流れを洞察し、ニックの強みを考えぬいた末に「ファッションケア」というビジョンに辿り着いたのに、潜在ニーズである女性商品が取りこめていないことが大きな課題でした。想像力を持ってお客様の不安や不満に向き合い、それに応える提案力を育てる。顕在需要である従来の男性市場を維持しながら、女性市場の拡大を図る、これが私の戦略でした。

木田-

ご相談をいただいて、ニックさんを知るごとに「この会社はもっと伸びる!」と感じました。品質に真摯に向き合っていて技術力がある、「お客様の気持ちに寄り添いたい」という社長の方針があって、社員さんからも同じ言葉が出てくる。ウソがないなと思いました。何を隠そう、私自身が大切なお洋服を任せたいと思えるお店に出会えていない「クリーニング難民」でした。

クリーニングに出してもどうせ...というような諦めや不信を持っている女性の気持ちがとてもよく分かります。これだけ困っている人がいて、それに応えてくれるサービスがある。女性マーケット拡大と女性活用という女性視点のプロとしてやりがいのある仕事を頂いたと感じるとともに、強い使命感も持ちました。

西川-

ありがたいことです。これまでも広告代理店の方などとお付き合いがありますが、クリーニングを必要としていない方のご提案は、きれいなものになっても本物にならない気がしています。やはりニックを分かっている人にお任せしたいですから。

木田さんには、まず「研修」という形でお願いしましたが、その成果が素晴らしかった。店長と女性スタッフがセットで参加してください、というスタイルもこれまでにないものでしたし、女性視点の理解に雑誌を利用するなどした分かりやすいワークショップ形式で、女性に響く伝え方を学びました。研修を終えたスタッフが現場で実践し、すぐに成果を実感できました。ものすごく楽しい上にものすごく価値のある内容でしたね。これは自分たちではできないぞ、と思いました。

そこで、木田さんには時間を埋める研修ではなく、ロングターンで取り組んでいただき、風土改善、習慣や感性を変え、成果を出してくださいとお願いしました。

事例紹介 スタッフが輝き女性がファンになるブランド構築プロジェクト

ヒットを生む女性プロジェクトのつくり方・育て方

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪