HOME > プロジェクト紹介 > Vol.1 スタッフが輝き女性がファンになるブランド構築プロジェクト > STEP 3 自立する組織と仕組みの強化

プロジェクト紹介

Vol.1 スタッフが輝き女性がファンになるブランド構築プロジェクト

STEP 3
自立する組織と仕組みの強化

本ステップの施策

  1. 1年間販促計画の立て方と継続の仕組みづくり
  2. 2個別委員会の活動開始
  3. 3人材を人財にする評価制度の見直し

顧客の動きを分析し先回りして考える
効果的な販促を計画できるように

折込チラシやポスティングチラシ、店頭で配布するサービス紹介ツール、お客様に送付するダイレクトメール...従来こういった販促ツールは必要に応じてその都度制作されていた。シーズン性や顧客のニーズ・ウォンツを考慮した、戦略的な販促計画・ブランド強化のためには、ブランドマネジメントの観点に立ったコミュニケーションツールのデザインから、適したツールのピックアップ、店頭接客との連動までを計画的に実施する必要がある。

こういった販促計画をスタッフ自らがPDCA を回しながら恒常的に実践できるよう「ツール制作ガイドライン」を定めてマニュアル化。新規客開拓から定着、ファン化へのストーリィを実践できる仕組みを強化していった。

顧客育成フェーズ

クレドの共有により明らかになった課題を
スタッフ主導の小委員会で解決!

クレドにより自分たちの目指す姿が明確になったことで、現場での具体的な課題も明らかになってきた。クレドの実践のためにスタッフからあげられる課題と、販促計画を実施する上での課題。これらを解決するために、「ブランド強化委員会」「市場創造委員会」のメンバーが自発的に行動する個別委員会がスタート。3 年後に目指すゴール設定を共有したうえで、半年ごとのマイルストーンを実現するために、お互いに連携しながら品質、接客の向上と効果的な販促、それらを可能とする環境整備を進めている。

進化したプロジェクトチーム構成

未来にむけ、スタッフが輝く創造集団へ!
人事評価制度の見直し

従来あった評価制度は、クリーニング技術や接客など、決められた事柄を決められた手順と品質でこなせているかを重視する傾向にあった。

ニックが新しいブランド価値を創造していくという舵取りをした時、求める人材像はよりクレドにふさわしく、お手入れ文化創造のために失敗を恐れず自ら考え行動できる人材であるべきと定義した。
「ブランド強化委員会」が中心となり評価制度の見直しに着手。「褒め面談」「輝きシート」といった新しい試み、女性活用や多様性を活かした能力活用を促進するためのステップアップ制度を進めている。スタッフのモチベーションを維持しながら、未来に向かって新たな価値を作る、創造集団への風土づくりが始まっている。

本ステップの効果

  • 戦略的な販促計画・企画・実施の浸透
  • 自力で課題を見つけ行動する個別委員会の活動
  • 初の女性店長、女性役員の誕生

2014 年9 月現在、約2 年間の取り組みの中で、委員会メンバーの中から初の女性店長、女性役員が誕生。これまで男性主体だった組織の中で、女性の意見が重視される風土も育まれてきた。目指すはコンサルタントがいなくとも自力で課題を見つけ、革新のために考え、行動する組織。ニックはそのためのステージをのぼりつつある。ファションケア文化を根付かせ、全国にいるクリーニング難民を救うため、既成概念にとらわれず新たなサービス、業態開発に向け、株式会社ニックの挑戦は続く。


ロールモデルとなる女性店長も誕生した。

Client's Voice

ブランド委員会
(管理本部 取締役)
薄井純子さん

私は本部スタッフとして、ブランド強化、市場創造の両委員会に参加しています。私自身が感じるお客様目線を大切にしながら、ブランドマネージャーとして試行錯誤の毎日です。木田先生の指導は、「何となく」が通用しない厳しい面もありますが、その都度目的や成果に立ち戻らせてくださるなど気付きが多く、信じて間違いないという安心感・納得感があります。

クレドが形になり、現場の皆さんに共感してもらえたこと、スタッフの素晴らしさを再確認できたことが本プロジェクトを通じて感じた最大の喜びです。今後もスタッフの個性を発揮できる環境づくり、前向きな意見が自由に伝えられる雰囲気づくりを大切にしていきたいと思っています。

まとめて印刷する

スペシャル対談 プロジェクトの裏側
このSTEPについての対談に直接リンクしています

ヒットを生む女性プロジェクトのつくり方・育て方

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪