HOME > プロジェクト紹介 > Vol.1 スタッフが輝き女性がファンになるブランド構築プロジェクト > STEP 2 ブランド宣言!ビジュアル化で意識変容を促進

プロジェクト紹介

Vol.1 スタッフが輝き女性がファンになるブランド構築プロジェクト

STEP 2
ブランド宣言!ビジュアル化で意識変容を促進

本ステップの施策

  1. 1スタッフ自らが考え行動するためのクレド作成
  2. 2スタッフが主役の社員総会プロデュース
  3. 3スタッフの意識を大きく変えるCI 作成

社長の思いを社員一人一人の思いに
スタッフが考えた渾身のクレド完成!

短いスパンでの成功体験、ツールの完成や売上アップといった目に見える成果を重ねるごとに、スタッフに自信が生まれチームとしての連帯感も育ってきた。

そんな中完成したのが、ブランド強化委員会立ち上げ当初からのミッションの一つ、自分たちの意思決定や行動の拠りどころとなる「クレド」だ。会社の「目指す姿」自分たちの「ありたい姿」そして「お客様への約束」。メンバーで何度も議論を繰り返し3 か月かけて完成させた。

完成時には、一方的な配布ではなく、委員会メンバーが自らが各店を周り説明会を実施。反応をダイレクトに確認しつつ「社員自らが考え行動する」ことを実践してみせた。

完成したクレドは、ニックが目指すこと・お客様との約束・私たちの在り方・スタッフへの約束で構成。
解説ページも含め全10 ページの大作だ。

主役はスタッフ!
トップダウン型の社員総会を変革

株式会社ニックでは、年に2回パート従業員を含む全スタッフが一同に会す社員総会を開催してきた。日頃各店に分かれているスタッフが、顔を合わせ会社の方針を伝える重要な場として、創業以来大切にしてきた。ただ、社長や店長の発表の場としての色合いが濃く、一方通行になりがちだった。

この総会を、スタッフのモチベーションアップとスタッフへの感謝を示す場として位置づけ、ボトムアップ型に変革した。総会の企画・運営は、社長から「ブランド強化委員会」「市場創造委員会」に権限移譲。ワールドカフェやコミュニケーションゲームなど参加型のプログラムや、スタッフの発表、表彰などを導入するなど「スタッフが主役の進化するニック」をスタッフに体感させていった。

ワールドカフェでは、初めての試みに不安顔のコアメンバーをよそに、スタッフは活発な意見交換を楽しんでいた。

ブランドコンセプトを内外に発信
CI 変更で新たなステージへ

「ファッションのお手入れ専門店」としての本格的な転換を行うためCI 変更を実施。各店の看板や名刺、チラシやポスターといった販促ツールに至るまでイメージを一新。「クリーニングからファッションケアへ」汚れを落とすだけではなくお客様の想いに寄り添ったお手入れをします、というお客様への意思表示であると同時に、社内に向けて想いを共有し意識変容を促した。

ニックのエヌ(N)を女性の憧れ・きらきらとした美しさを象徴するティアラの形に見立てたシンボルマーク。真ん中のアイロンのシルエットは、職人的な技術力とニックの誇りを表現。ロゴタイプでは、社名の「i=愛」を今まで以上に躍動させ、お客様の想いに寄り添う姿勢、愛情を表現。はつらつとした明るさがありながら、清潔感があり落ち着き・気品も感じるターコイズブルーは、ニックの宝であるスタッフ像をイメージした。

CI 変更前の玉川学園店(左)とCI 変更後の玉川学園店(右)の外観。
「ファッションのお手入れ専門店」にふさわしい洗練された店舗に。

CI 変更を告知するためのコミュニケーションツール。
メッセージカード、ダイレクトメール、折込チラシなど。

店内のメニュー看板やお品物の包装用袋まで、
新しいCI へと統一された。

本ステップの効果

  • 社員の手で完成させたクレド
  • スタッフ全員のベクトルを合わせモチベーションを上げる社員総会
  • ブランド強化のシンボルとなるCI の完成

社員がクレドを作成することによって、社長が掲げていた経営理念が社員の腹に落ち、自発的に考え行動するベースとなった。店長・スタッフからも「自分たちがやっていること、目指したいことを言葉にしてくれたことで迷いがなくなった」という声が相次いだ。クレドをベースに企画・運営される社員総会は、スタッフ全員が思いを共有する場として、回を重ねるごとに進化。笑いあり、涙あり、学びありの感動イベントとして盛り上がっている。先頭に立つ「ブランド創造委員会」「市場創造委員会」のメンバーの表情からは自信と進化を楽しんでいる様子がうかがえる。


社員総会では、インナーキャンペーンの優秀店舗を表彰。受け取るパートスタッフからは、クレドに添うためにどう工夫したかが語られた。

まとめて印刷する

スペシャル対談 プロジェクトの裏側
このSTEPについての対談に直接リンクしています

ヒットを生む女性プロジェクトのつくり方・育て方

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪